くりっく株365を斬る!

【少ない証拠金でも大きな利益を狙える!】
くりっく株365を斬る!
click365_midashiryaku_small

マネックス証券

岡三オンライン証券
くりっく株365

フジトミ

くりっく株365

岡三オンライン証券 くりっく株365

くりっく株365


「くりっく株365を斬る!」について

setumeiyouin

2010年11月22日にスタートした「くりっく株365」は、 (取引所株価指数証拠金取引 (取引所CFD取引)) 株価指数を対象とする新しい投資商品で、少ない証拠金でも大きな額を売買できるところがFX(外国為替証拠金取引)と似ています。 その魅力や投資プランを探ってみました。

投資対象は株価指数 ~ 少ない証拠金でも大きな利益を狙える!

取引所FXの「くりっく365」でおなじみの東京金融取引所に、
新しい個人向け投資商品「くりっく株365」 (取引所株価指数証拠金取引)が上場されました。

 

その名の通り、取引対象になるのは株式、正確には、日経平均株価などの「株価指数」です。

 

当初、上場されたのは「日経225証拠金取引」、英国の株価指数に連動する「FTSE100証拠金取引」、ドイツの株価指数に連動する「DAX証拠金取引」、中国の株価指数に連動する「FTSE中国25証拠金取引」などが相次いで上場されました。

 

FXと同様に少額の証拠金を預けて、これらの株価指数を、レバレッジをかけて売買することで、大きな利益を狙えることになるわけです。

 

透明性が高い 「くりっく株365」

くりっく株365のように、証拠金を預けて差金決済取引を行なう金融商品を「CFD」といいます。

店頭CFDはいくつかの取扱会社によって既に取引されていますが、東京金融取引所という公設市場に上場されたのは初めて。

 

複数のマーケットメイカーが提示した価格で最も有利なレートが採用されるという透明性の高さ、投資家の証拠金を取引所が分別管理することで取扱会社の破たんリスクに備える安心感の高さから、注目を集めてます。